Staff blogスタッフブログ

注文住宅の購入を検討している方必見!安全な家を建てるポイントを解説します!

香川県で、注文住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。

こだわりを持った注文住宅を建てて、充実した暮らしを送りたいと考えている方も多いと思います。

しかし、そのためには住宅の安全性は欠かせないでしょう。

そこで今回は、安全な家を建てるためのポイントをご紹介します。

 

□安全な家を建てるポイントを紹介

安全な家を建てるためのポイントは大きく分けて2つあります。

1つ目は、災害に強い家です。

家そのものが強いつくりであるかどうかがポイントになります。

世界各地で大地震が起こるたびに、手抜き工事や欠陥工事が発覚することがあり、ニュースになっています。

災害を耐え抜くためにも、手抜き工事はあってはなりません。

地震の多い日本では、建築基準法という法律により、厳しい耐震基準が設けてあります。

この基準をしっかりと守って建てられれば、安全な家になります。

2つ目は、防犯性の高い家かどうかです。

防犯性を高めるためには、泥棒に目をつけられにくい家にするのがおすすめです。

家の周囲を高い塀で囲ったり、植栽で囲ったりすると入りにくく見えるため、防犯性が高いと思わせられます。

しかし、一旦入ってしまうと人目につかないので泥棒に好まれやすいです。

泥棒は、開口部を狙って犯行に及ぶ可能性が高いと言われています。

そのため、その部分にはシャッターや面格子を設けて防犯性を強化することをおすすめします。

 

□ 土地選びのポイントを解説

上記では、住宅自体の安全性についてご紹介しました。

以下では、安全な住宅を作る基盤となる、土地についてご説明します。

 

*硬質地盤を選ぶ

注文住宅を建てる際に、駅や職場、学校からの距離ばかり注意を払いがちになってしまいます。

しかし、日本は地震が多い国なので、「硬質地盤」かどうかも重要になります。

どれほど立派で頑丈な住宅を建てたとしても、基盤となる土地が弱いと、自然災害が発生した際に大きな被害が出てしまう可能性があります。

 

*過去に何があったか調べる

土地を選ぶ際は、その土地の過去の状態について調べることが効果的でしょう。

その土地に過去何が起こったのか、どのような用途で使われていたのかを調べると、過去の状態が確認でき、その土地の強みがわかります。

 

□まとめ

今回は、安全な家を建てるためのポイントをご紹介しました。

安全な家を建てるためには、家自体が災害や防犯に強いかどうか、土地に問題はないかの2点を考慮する必要があります。

注文住宅を購入される際はこの2点を踏まえて、考えて見てはいかがでしょうか。