Staff blogスタッフブログ

香川で注文住宅をお考えの方へ!失敗例を押さえておきましょう!

香川県にお住まいの方で注文住宅について心配を持っている方はいらっしゃいませんか。

おうちは長く住むものなので簡単には決めきれませんよね。

いくつか失敗例をみておくと参考になるのではないでしょうか。

そこで今回は注文住宅における失敗例とその対策を紹介します。

 

□失敗例を知る大切さについて

注文住宅をすぐに決められない人がほとんどだと思います。

今後失敗しないために失敗例をみることはなぜ大切なのでしょうか。

それは注文住宅というものは自由な設計ができるので多くのことを決める必要があるからです。

とても住宅に詳しい場合は別ですが、そのような人はあまり多くありません。

失敗例は、注文住宅を建てたことがある人なら誰でもが思う「こうしておけばよかった」という後悔を次に建てる人に役立てられます。

やはり、実際に住んでみないとわからないことも多いです。

そのため、注文住宅を建てた方の後悔・失敗を知って、生かすことが建築前に重要なポイントです。

 

□注文住宅の失敗例について

*コンセントの数と配置

コンセントの数と配置はよく失敗することです。

どのような部屋で何の家電を、どの位置で利用するかまでしっかりと考えておかないと満足が得られません。

配置的にコンセントが置き物に隠れて使えないというケースも実際にあります。

延長コードを使うこともひとつの手ですが、せっかくの注文住宅なのでコンセントを効率的に使えるようにしましょう。

また、後になって利用するかもしれない電化製品も出てくるかもしれません。

このことも考える必要があるという点では、各部屋に1つは余分なコンセントを配置しておくのは良い方法だと思います。

 

*収納位置

収納の失敗もよくあります。

収納場所が少ないのはもちろんですが、多ければ良いという物でもありません。

一か所に収納をまとめるというのは手間にもなってしまいます。

その一方で分散させすぎても場所を取る大きな荷物を入れられなくなってしまいます。

便利な収納のおかげで家事がスムーズになります。

収納スペースは近くで何をするかをきちんと意識して作りましょう。

 

*防犯と解放感のバランス

窓を広くすると解放感はあるものの防犯面で気になってしまいますよね。

人が侵入することはなくても人の目は気になる人が多いと思います。

解放的すぎると、逆に快適に過ごしにくくなると思うので、バランスの良い解放感が重要です。

防犯と解放感のバランスを保って快適に過ごしましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅における失敗例とその対策を紹介しました。

注文住宅を建てたことがある人の失敗例を知ることはとても大切です。

コンセントの数と配置はよくある後悔なのできちんと考えましょう。

今回の記事を参考に注文住宅を検討してみてください。