Staff blogスタッフブログ

高松市で暮らしやすさを実現したい方へ!注文住宅の間取りの決め方を解説します

「暮らしやすさを追求した注文住宅にしたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。

快適な住宅を実現するためには、シンプルな間取りを意識することが重要になってきます。

そこで今回は、注文住宅の間取り決めのポイントとその注意点についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

□間取りを決める際の3つのポイント

1つ目のポイントは、理想の住宅のイメージをすることです。

「どのような暮らしにしたいのか」を具体的にイメージすることが、理想の住宅づくりの第一歩目です。

本やインターネットで情報を集めることで、よりイメージしやすくなるでしょう。

注文住宅の打ち合わせのときに、施工業者に理想の住宅を詳細に伝えるように、前もって準備しておくことをおすすめします。

2つ目のポイントは、希望の条件に優先順位を決めることです。

間取りを決める際には、まず理想とする住宅がどのような間取りにしたいかを家族で話し合って、書き出して見ましょう。

その後、家族が希望する条件に優先順位をつけることで、軸が明確になります。

話し合いの際は、現在の住宅に対する不満点を解消するようにこころがけましょう。

3つ目のポイントは、家族構成を考慮しておくことです。

間取りは、家族構成でほどんど決まると言っても過言ではありません。

小さいお子さんがおられるご家庭であれば、おしゃれな空間よりも、機能性を重視する必要がありますよね。

家族で快適に暮らすことを意識して、理想の住宅を目指しましょう。

 

□間取りを決めるときの注意点とは

1つ目は、収納スペースを確保しておくことです。

新しい住宅の間取りを決める際に、収納スペースを意識しない方は非常に多いです。

例えば、リビングといった生活スペースを広くしてしまったために、いざ生活してみると収納スペースが少なくて困るということになってしまいます。

そのため、どちらかを極端に削る必要は無く、生活スペースと収納スペースのバランスを保つことが大切です。

2つ目は、生活動線を考慮しておくことです。

生活動線とは、家の中で生活している人が移動するときのルートを線にしたものです。

この動線が悪いと、日常生活に支障をきたして、暮らしにくく感じてしまいます。

自分と家族が、どこで何をしているかを想像した上で、間取りを決めるようにしましょう。

 

□まとめ

そこで今回は、注文住宅の間取り決めのポイントとその注意点についてご紹介しました。

暮らしやすい間取りにするためには、情報の整理と具体的なシミュレーションが大切です。

高松市にお住まいの方は、ぜひこれらの情報を参考に、注文住宅の間取り決めにお役立てください。