Staff blogスタッフブログ

体に優しい注文住宅とは?化学建材の家との違いもご紹介

「無垢材で注文住宅を建てたい」「注文住宅の建材で悩んでいる」

このようにお考えの方がいらっしゃるでしょう。

無垢材は、身体に優しいため新築を検討されている方にはとてもおすすめです。

そこで今回は、無垢材とは何なのか、化学建材との違いをご説明します。

 

□無垢材とは?

「無垢材」と言う言葉をあまり聞き慣れない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、注文住宅を検討する上で知っておいた方が良い情報です。

そこでここでは、無垢材の基本情報をご説明します。

無垢材は、木をそのまま加工して作られた材木のことで、100パーセント自然のものです。

無垢材の中にも木の種類によって、色や香り、風合い、手触り、強度が異なります。

また、同じ木から作られた無垢材であっても、木の場所によって性質や木目の模様も異なります。

このように、一言で無垢材と言ってもそれぞれ唯一無二の建材です。

無垢材の注文住宅は、上記でご紹介したような建材を用いて建てます。

住宅の骨組みとなる構造部に使われる木材から、壁やフローリングに使われる木材に至るまで手作業で作られます。

言葉で言うのは簡単ですが、強度の均一さや乾燥の具合を見極めて全体のバランスを考えなければならないため、とても高度な建築技術が必要な建材です。

しかしその分、木本来の性質で癒されます。

 

□無垢材と化学建材の違いはどのようなところにあるのか

*自然の素材だから人の身体に優しい

木は、「紫外線の吸収率が高い」「適度な弾力があり衝撃を程よく吸収してくれる」「断熱性が高く肌触りが良い」などの良さがあります。

特に、床材に使用された場合の足の冷え方は、化学建材に比べてとても冷えにくいです。

そのため、冷え性の方や寒がりの方にはとても優しいと言えるでしょう。

 

*木本来の性質で湿気を吸収してくれる

木は、湿気を吸収する性質を持っています。

そのため、湿度の高いときは湿気を吸収し、低いときは放出して、室内を快適に保ってくれます。

これは、化学建材にはない無垢材特有のものです。

化学物質を使用せずに湿気を吸収してくれるのはとても安心できますよね。

このように、無垢材は化学建材にはないものを元から持っています。

自然由来のため、アレルギーなどが気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、無垢材の基本情報と化学建材との違いをご説明しました。

無垢材は、自然の木をそのまま切り出して加工しているので、身体に優しく1年中快適に過ごせます。

当社では、香川で自然素材の注文住宅も承っておりますので、ぜひご相談ください。