Staff blogスタッフブログ

新築の注文住宅でよくある後悔と後悔しないポイントを解説します!

高松市に住んでいる方で、新築注文住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。

今回は、注文住宅における後悔について紹介します。

 

実際に住み始めて多くの人が後悔したことをご紹介!

実際に住み始めて多くの人が後悔したことをご紹介!

リビングは家族全員が使う重要な場所だからこそ、住み始めたときに図面と違ってがっかりしてしまうことが多いです。

例えば、日中の日当たりが思ったより良くなくて部屋全体が薄暗かったり、家具を実際に入れてみると想像以上に小さかったりするといった後悔が挙げられます。
そのため、図面を見ただけで満足するだけでなく、隣の家との間隔や、家具が入った後でも家族みんなでくつろげるのかどうかを、しっかりと確認するようにしましょう。

また、コンセントにおける後悔も非常に多いです。
例えば洗面所やキッチンなどで、使いたいと思った場所にコンセントが足りなかったり、コンセントの位置が悪くて届かなかったりするという後悔が挙げられます。
そこで、注文住宅を購入する前には、どこでどのような家電を使うのか、そのためにはコンセントはどこにどのような高さであると良いのかをしっかりと検討するようにしましょう。

他にも、収納に関する失敗にも注意してください。
収納スペースの広さが足りなかったり場所が悪かったりすると、片付けがうまくいかずせっかくの新築住宅の床に物が散乱してしまいます。
そこで、注文住宅を購入する前には、収納スペースの広さだけを検討するのではなく、どこに何を収納したいのかをしっかりと考えることで、効率的に収納を行えます。

 

注文住宅を購入して後悔しないために考えるべきことを紹介します!

注文住宅を購入して後悔しないために考えるべきことを紹介します!

注文住宅で、最も多くの人が後悔しているのが間取りです。
家具や家電を入れた後で実際に生活してみると、想像と違う場合が多々あります。
そこで、間取りで多くの人が感じた失敗を紹介します。

間取りで失敗したと感じるときに、一番の原因となっているのが家事動線の失敗です。
家事をするときに無駄な動きが多いとそれだけでストレスを感じてしまいます。
例えば、キッチンと洗濯機が遠くにあると、朝の忙しい時間に洗濯と料理の両立ができずに非常に面倒に感じてしまいます。

他の原因としては、将来を深く考えずに間取りを決めてしまうことです。
特に子供が増えたときや子供が大きくなったときに、子供部屋が足りなかったり小さかったりすると後悔することが多いので注意しましょう。

 

まとめ

今回は、注文住宅における後悔についてご紹介しましたがいかがでしたか。
注文住宅の購入をご検討の方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。