Staff blogスタッフブログ

注文住宅の購入をご検討中の方へ!木の家を建てる際の注意点を紹介します

香川県にお住みの方で、木の家を検討中の方はいらっしゃいませんか。

木の家と聞くと、鉄筋コンクリートと比べる方が多いと思います。

木の家には、木特有の、メリットや注意点があります。

そこで今回は、木の家ならではの、メリットと注意点をご紹介します。

 

□木の家を建てるメリットとは?

注文住宅をお考えの方で、木を基調とした家にするかどうか悩んでおられる方は多いと思います。

このような方に、木の家を建てる上でのメリットは、大きく分けて3つご紹介します。

1つ目は、「建築費用が安い」ことが挙げられます。

木の家は、鉄筋コンクリート(R C構造、S R C構造)が使われる家に比べて、建築費用を抑えられます。

理由としては材料費が安い事に加え、R C構造やS R C構造の場合、そのままでは断熱性や吸湿性が優れないため断熱材を入れる工事が必要です。

そのため、木造住宅は相対的に費用が抑えられます。

2つ目は、自由度が高いことが挙げられるでしょう。

木造住宅は鉄筋コンクリートよりも、間取りなどの空間設計の自由度が高いです。

そのため、新築の際だけではなく、増改築する際にも、木造住宅は施工しやすいです。

3つ目は、精神面、健康面でのメリットが挙げられます。

鉄骨を多く使っている住宅では、壁紙やカーペットが必須でしょう。

しかし、それらには化学物質やホコリによる健康面での不安が考えられます。

木の家では、壁紙やカーペットが必ずしも必要ではないため、それらの心配を避けられます。

 

□木の家を建てる上での注意点

上記では、木の家のメリットをご紹介しました。

しかし、注意する点も存在するのでここでご紹介します。

 

*木は伸び縮みする

木は、湿気により、伸び縮みします。

そのため、起こりうるトラブルを抑えておくことが重要です。

具体的なトラブルとしては、

・構造材として使用されている木材のヒビやささくれ

・ねじれやサイズの変化

・床材の隙間や床鳴り

などが挙げられます。

 

*木の特徴に合わせて使う

一口に「木」と言っても、硬くて加工が難しいが害虫に強いものや、柔らかく加工しやすいが害虫に弱いといったように様々な特徴が存在します。

これらの特徴を熟知し、それぞれ適した箇所に用いることが重要です。

 

*通気性の良さを確保する

木のデメリットとして挙げられるのが、湿気に対する弱さでしょう。

日本の高温多湿の気候で、どのように対策するかが重要なポイントです。

湿気が溜まり、腐食がすすむのを防ぐために、通気層を設けるといったような対策をしておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、木の家ならではの、メリットと注意点をご紹介しました。

木の家には、木の良さがあります。

反対に、自然のものであるため、伸び縮みするなどの特徴を理解して使用する必要があるでしょう。