Staff blogスタッフブログ

注文住宅を建てるなら木造がおすすめ?他の工法との違いを解説します!

香川県で注文住宅をお考えの方にぜひおすすめしたいのが、木造住宅です。

木造住宅のような日本風の住宅を好まれる方も多いかと思います。

木造住宅にはデザインだけでなく機能面でも注目したい特徴があります。

注文住宅をする前にぜひ参考にしてみてください。

 

□家の工法・特徴をご紹介!

ここでは木造軸組工法・ツーバイフォー工法・鉄骨造といった3つの代表的な工法について解説します。

それぞれの特徴を押さえておくことで、より理想に近い住宅を建てられるでしょう。

まず木造軸組工法は日本の伝統的な住宅工法であり、柱の位置や長さを自由に設定できるため、デザインや間取りの自由度が高いことが特徴です。

窓やドアなどの開口部のスペースを大きくとれるため、採光通風の良い住宅が実現できます。

コスト、プランともに幅広く設定できるため、工夫次第では安く希望通りの住宅にできるでしょう。

次にツーバイフォー工法は断面サイズが2×4のサイズを使用することから、その名で呼ばれており、床や壁、天井といった面で建物を支える住宅工法です。

風や地震による揺れを一点に集中させないため、安定した構造をとることが特徴です。

木材の隙間が少ないので、気密性・断熱性にも優れています。

北米で多い工法のため、輸入住宅を得意とする会社が良く取り入れています。

そして鉄骨造は梁(はり)や柱を鉄骨で作る住宅工法で、鉄骨の強度が高いため柱の本数が少なくて済み、広々とした空間を作れます。

梁と柱の間の間仕切り壁も自由に動かしやすいため、間取りの自由度が高くなるでしょう。

 

□木造住宅の意外なメリットとは

ここでは皆さんにとって意外な木造住宅のメリットについて2点ご紹介します。

1点目は鉄やコンクリートに比べて断熱性に優れていることです。

木造住宅は外気の温度変化による影響を受けにくいので、一年中快適な気温で過ごせます。

夏の暑さも冬の寒さも和らぐので、エアコン代の節約にもなり、嬉しいですよね。

2点目は地震にも強いことです。

木造住宅は木のしなやかな性質を生かして地震による揺れを逃がせるので、実は柔軟性を持った粘り強い構造になっています。

建築する際は地震に強い土地を選び、家の形をできるだけシンプルにし、構造計算をきちんと行えば安全で丈夫な構造を設計できます。

 

□まとめ

今回は木造住宅について他の工法と比較してご紹介しました。

当社は職人が責任を持って施工しますので、安心してご依頼いただけます。

注文住宅をお考えの方はこの記事を参考に木造住宅してみてはいかがでしょうか。