Staff blogスタッフブログ

注文住宅の打ち合わせにはどのくらいの期間が必要なのかを流れとともにご紹介!

「注文住宅の打ち合わせにかかる期間を前もって知っておきたい」

「どんな流れで打ち合わせが進むのか知っておきたい」

毎日が忙しいので、これらのことを知りたいと考えておられる方も多いでしょう。

打ち合わせは、とても重要なフェーズです。

そこで今回は、打ち合わせにかかる期間や大まかな流れをご紹介します。

 

□注文住宅の打ち合わせにかかる期間はどのくらい?

一般的に、注文住宅の打ち合わせは10回から25回の場合が多いです。

特に、着工前は打ち合わせを重ねることが多く、このタイミングだけで10回以上も行う場合があります。

建設する住宅にこだわればこだわるほど打ち合わせの回数が多くなる傾向にあります。

反対にこだわりがあまり無い場合は、4回から5回の打ち合わせで終わる場合もあります。

打ち合わせをスタートしてから着工までの期間は、4ヶ月から6ヶ月ほどかかると思っておくと良いでしょう。

こだわり抜きたいという方は、1年以上かかる可能性もあります。

細かなとこまで決めなければならないので、半年から1年かかってしまうのは仕方がないことです。

打ち合わせがしっかりと行われるほど仕上がりも満足できるものになるでしょう。

 

□打ち合わせの流れをご紹介

ここからは、どのような流れで打ち合わせが行われるかをご紹介します。

初めは、土地を決めることと資金計画からスタートします。

土地を決める際には、事前に伝えた希望や条件で担当者から候補地を挙げられます。

即決する必要はありませんが、絞り込むことが重要です。

資金計画は、頭金や手付金などのローンの借入希望額、月々の支払い額をある程度決めておきましょう。

次に土地の視察です。

実際のその土地を見て、周辺環境や日当たりなどを確認します。

次は、ライフプランの作成です。

土地や家族のことを考慮した間取りを考えます。

次は、契約とスケジュール確認です。

見積もりなどを見て全てに納得してから、契約を行います。

その際に、スケジュールも確認することが多いです。

最後に、住宅プランの確定です。

契約を行った後、再度配置計画や住宅計画を確認した上で確定します。

この際に細かなところまで確認しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、打ち合わせにかかる期間や大まかな流れをご紹介しました。

できるだけ短く済ませたい方は、どのような住宅にしたいのかを事前に決めておくと良いでしょう。

当社では、香川を中心に注文住宅の建設を承っております。

ご検討中の方はぜひご相談ください。