Staff blogスタッフブログ

注文住宅のお風呂で後悔したくない!実際にあった例もご紹介!

注文住宅の購入をお考えの方の中で、お風呂について知りたいと考えている方はいらっしゃいませんか。

お風呂は、毎日使うものなのでできるだけ後悔しないように作りたいですよね。

また、水を使う場所なので日々の掃除が大変です。

そこで今回は、お風呂を後悔しないものにするために、後悔例やポイントをご紹介します。

 

□注文住宅のお風呂での失敗例をご紹介

住宅を建てることは、人生でもそうありません。

そのため、お風呂やトイレ、キッチンなどさまざまな箇所に気をつけて決めていかなければならないので、とても大変です。

そこで、ここでは、お風呂での失敗例をご紹介します。

1つ目にご紹介する後悔は、お風呂の広さに関するものです。

浴室の広さが狭すぎても使いづらいですが、反対に広すぎても不便なことがたくさんあります。

広すぎるデメリットとしては、「浴室が暖まりにくい」「毎日の掃除がとても大変」「ガス代や電気代、水道代が高くなる」などが考えられます。

このような事態を引き起こさないためには、設計の段階で現在のお風呂を参考にどのくらいの広さが必要かしっかりとイメージする必要があるでしょう。

2つ目は、オプションをつけすぎる後悔です。

ジェットバスやミストサウナなどのオプションに憧れる方は多いでしょう。

しかし、これらも実際に使うことが少なく、掃除に時間がかかるだけになる場合があります。

 

□お風呂はなんといっても掃除のことを考えるべき!

上記では、お風呂の実際の後悔例をご紹介しました。

全ての後悔に、通じているのが掃除です。

ここでは、お風呂の掃除についてご説明します。

お風呂は、ほぼ毎日使うもので掃除もその都度しなければカビが生えてしまいます。

そのため、カビが生えにくく掃除がしやすい浴槽や壁を選ぶと、後悔が少なくなるでしょう。

お風呂に入っているときの快適さはもちろん大切ですが、その後の手入れのことも気にかけなければなりません。

毎日綺麗な状態で保てていなければ、こだわったお風呂も台無しになってしまいます。

その点からしても、掃除のしやすい構造や材質などに気を配ることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、お風呂で後悔しないために、香川の建築会社が後悔例やポイントをご紹介しました。

お風呂は、広すぎると浴室が暖まらないことや掃除が大変なことなどデメリットが多くなります。

今回の記事を参考にして、お風呂を考えていただけると幸いです。

お困りのことがあれば当社までご連絡ください。