Staff blogスタッフブログ

無垢を使った家はメンテナンスが大変?特徴やお手入れ方法を紹介します!

無垢材を使用した家をお考えの方はいらっしゃいませんか。

また、無垢材を使用するとメンテナンスが大変そうだと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では無垢の家の特徴とお手入れ方法を高松市の工務店が紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

□無垢材って何?

無垢材がどのようなものかご存じですか。

詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

以下で無垢材について詳しく説明します。

無垢材は一本の天然木から必要な形を切り出した自然素材のことです。

これに対し、合板や集成材は木を薄く切り、接着剤を使ってそれらを目的の形にした素材のことです。

これらの素材は人目に付く表面部分はきれいな木目を持ちますが、他の部分は接着した後が分かります。

ただし、これらは木を余すことなく使えるため捨てる部分が少ないですが、無垢材は捨てる部分が多いという側面があります。

無垢材を使用するメリットは木が本来持つ質感や風合いが残っているため、肌触りに温かみがあることです。

接着剤が使われていないため、化学物質が原因でアレルギーになる方でも安心して使用できる素材です。

また、木には湿気が多いと空気中の水分を吸収し、少ないと放つ作用があるため無垢材を使用することで湿度の調節ができます。

 

□無垢材のお手入れ方法とは?

無垢材は水に弱い性質があるため、お手入れの際にはこの性質を考慮することが大事です。

しかし、特別なメンテナンスは不要で普段のメンテナンスも簡単です。

以下で床のフローリングに無垢材を使用した際のお手入れ方法を塗料毎に紹介します。

まず、浸透系塗料が使われている場合のお手入れ方法を紹介します。

無垢材と同様にこの塗料も水に弱いため水拭きは避けましょう。

掃除機をかけた後に汚れが気になるのであれば、乾拭きするのがおすすめです。

床に液体をこぼした際はすぐに乾拭きしてください。

次に、造膜系塗料が使われている場合のお手入れ方法を紹介します。

この塗料を使用している場合も掃除機や乾拭きで掃除するのを推奨します。

浸透系塗料より水に強い性質を持つため水拭きも可能です。

しかし、表面は水に強くても内部は弱いため水をまいて掃除するのは避けましょう。

 

□まとめ

今回は無垢を使った家の特徴とメンテナンスについて詳しく紹介しました。

無垢を使うことで温もりを感じ、調湿作用のある安心して過ごせる家にできます。

また、お手入れも簡単で特別なことをする必要はありません。

無垢の家をお考えの際は当社までお気軽にお問い合わせください。