Staff blogスタッフブログ

香川にお住いの方へ!注文住宅で無垢材を選ぶメリットとは?

無垢材は、木材のもつ温かみや風合いといった特徴を最大限に活かした素材です。

ただ、価格が高い、扱いづらいといった印象があり、断念された方も多いのではないでしょうか。

実際には、事前に知っておきたい多くのメリットがあります。

そこで今回は無垢材のメリットについて詳しくご紹介します。

 

□無垢材を選ぶメリット

*湿度の調節

無垢材のメリットとして湿度の調節機能が挙げられます。

無垢材は天然の素材であり、湿気の多いときは湿気を吸い、乾燥している時は木材に含まれる湿気が放出されます。

このような湿度を調節してくれる機能があるため、無垢材を使用すれば、快適な住空間にできるでしょう。

 

*体にやさしい

まず、無垢材は集成材とは違い、シックハウス症候群のリスクがありません。

シックハウス症候群とは、建材に含まれる化学物質が原因で引き起こされる体調不良のことを指します。

無垢材は天然の素材を活かした木材であるため、化学物質が使用されることはありません。

そのため、無垢材は体にやさしいといえるのです。

そして、その他の理由として、肌触りの良さが挙げられます。

無垢材は他の木材に比べて柔らかいため、クッション作用が働き、足腰に負担がかかりにくいというメリットもあります。

 

 

 

*心にやさしい

そして、温かみのある無垢材を使用した住宅は、家族にやすらぎを与える効果があるとされています。

また、色合いや風合いも時間の経過で変化していくため、家族の思い出にもなるでしょう。

自然の木の香りや木目を楽しめるため、自然がお好きな方は、きっとリラックスできる空間となるでしょう。

 

□無垢材を使う際の注意点

無垢材にはさまざまなメリットがあるとご紹介しましたが注意点も存在します。

まず、注意点として挙げられるのは変形することでしょう。

先ほどご紹介した通り、無垢材は湿度を吸ったり放出したりします。

そのため、湿度の高い時期に膨らみ、乾燥する時期に収縮することがあります。

そうすると、フローリングの間に隙間がうまれたり、浮いたりするため、注意が必要ですね。

また、汚れや傷がつきやすいということも注意点として挙げられます。

無垢材の表面は化学物質を使用したコーティング加工は行わないため、他の木材に比べると汚れや傷がつきやすいことがあります。

そのため、なるべく汚れや傷がつかないように注意し、汚れや傷がついた場合も、適切な処置をする必要があります。

 

□まとめ

今回は無垢材についてご紹介しました。

無垢材には少し扱いづらい面もありますが、多くのメリットが存在します。

木材そのものの風合いや香りがお好きな方にはおすすめですね。

無垢材にご興味のある方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。