Staff blogスタッフブログ

香川の住宅業者が解説!注文住宅で地下室を作るメリットを解説します!

注文住宅で魅力的な点は、自分の好みの住宅に作り上げることが可能な点です。

特に秘密基地のような地下室に憧れをお持ちの方は多いですよね。

ただ、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、注文住宅の地下室について詳しくご紹介します。

 

□注文住宅で地下室を作るメリット

*部屋を増やせる

住宅の床面積には、本来地域ごとの取り決めがありますが、地下室には優遇措置が存在します。

優遇処置の内容は「一定の条件を満たした地下室は、延べ床面積の3分の1までは容積として算入しない。」という内容です。

ここでの一定の条件とは、地階であること、地盤面から地階の天井が1メートル以下であること、住宅として使われることの三点です。

あまり床面積のとれない住宅であっても、限られた敷地を最大限に活かせるため、部屋数を増やすことが可能でしょう。

 

*防音効果が高い

地下室は当然地下にあるため、周囲に音が響きにくく、あまり周囲を気にする必要がありません。

そのため、映画や音楽を楽しむ部屋として使うには最適な部屋となるでしょう。

また、外からの音も聞こえにくいというメリットもあるため、集中する作業に向いています。

寝室や仕事部屋としておすすめです。

 

*温度が安定している

地下にある部屋は周りが土で囲まれているため、外の温度の影響を受けづらいという特徴があります。

そのため、温度が安定するというメリットが存在します。

地上階の部屋に比べて、暑すぎず、寒すぎない、快適な空間になるでしょう。

この点からも、寝室や仕事部屋としておすすめできますね。

 

□地下室を作る際の注意点

多くのメリットが存在する地下室ですが、一方で、注意点も存在します。

例えば、温度は安定しやすいですが、地下にある分湿度が逃げにくく、こもりやすいという特徴があります。

また、地下室を作るために使用するコンクリートは水分を含んでおり、数年間は水分を放出します。

そのため、地下室では換気が必須になるでしょう。

また、防水処理をきちんとしておく必要があります。

地下は地上に比べて、湿度が高く水分も多いですよね。

そのため、防水処理がきちんと施されていなければ、部屋に水が浸透してしまう可能性があります。

また、地下室の修繕は地上階に比べて、難しく、高額になってしまうことがあるため注意が必要でしょう。

□まとめ

今回は地下室について詳しくご紹介しました。

地下室は部屋を増やしたい場合に最適な方法ですが、地上に階を増やしていく時よりも考えることは多くあります。

当社では、注文住宅に関するご相談を受け付けております。

注文住宅でお悩みの方はぜひお気軽にご連絡ください。