Staff blogスタッフブログ

高松市で注文住宅をお考えの方必見!無垢の素材のメリットと選び方を解説します

無垢素材は、見た目の美しさや健康面の良さから、注文住宅で取り入れられることが多いです。

高松市で注文住宅を検討中の皆さんの中にも、利用を検討されている人もいるでしょう。

今回は、フローリングを無垢素材にする4つのメリットと、2つの選び方のポイントを紹介します。

 

□無垢材のメリットとは

注文住宅で無垢材フローリングを取り入れるメリットを4つ紹介します。

第1に、見た目の美しさに魅力があります。

一般的なフローリングでは、表面に塗装やプリントが施されている物が多いため、仕上がりはどうしても単調なイメージになりがちです。

しかし、無垢材は質感がしっかりしており、自然素材から温かな印象を受けます。

第2に、シックハウス症候群になりにくいです。

化学物質を含んでいるものを使用すると、ぜんそくやアレルギーを持っている人は症状が出て苦しむことがあります。

その点、無垢材は自然素材であるため、これらの症状が出る確率を下げられます。

第3に、足触りが良く、温度や湿度を調整する効果があります。

柔らかい素材が使われており、お年寄りや小さな子供にも優しいです。

温度や湿度の調整も行えるため、快適な環境を保つのに役立ちます。

第4に、経年変化を楽しめます。

時間が経てば色が変化し、深みのある色を味わえます。

 

□無垢材フローリングの選び方とは

選び方のポイントを2つ紹介します。

1つ目は、厚さや長さ、幅から決める方法です。

新築の注文住宅を無垢材フローリングにする場合、15ミリが標準的な厚さです。

また厚さ以外にも幅や長さによってさまざまな種類があり、どれを選択するかで雰囲気も変わります。

デザイン性など好みに合わせて適切なものを選びましょう。

2つ目は、質感や用途で選択する方法です。

無垢材は天然であるため、同じ樹種であっても硬さや温もりは異なります。

ペットがいる家庭では床にキズがつきやすいため、固めの素材を選んだ方が良いでしょう。

最適な無垢材フローリングは、それぞれの状況や重視する点によって変わります。

木の温もりや暖かさ、肌触りを大切にするのか、キズは少々ついても構わないかなど総合的に判断し、決断しましょう。

 

□まとめ

今回は、無垢材のメリットと無垢材フローリングの選び方を解説しました。

メリットは見た目が美しく、経年変化を楽しめることや、シックハウス症候群になりにくいことが挙げられます。

質感や用途など個人が重視する点に応じて、無垢材の利用を検討してはどうでしょうか。