Staff blogスタッフブログ

注文住宅に取り付ける照明の種類について!工務店が解説します!

「照明にどのような種類があるのか知りたい。」

「部屋に照明を取り付ける際、どこに気を付ければ良いのだろう。」

このように思われている方はいらっしゃいませんか。

快適な暮らしを送るために、照明選びは非常に重要ですよね。

そこで今回は、高松市で注文住宅を検討している方向けに、照明について詳しく解説します。

 

□照明の種類について紹介します!

照明は主照明と補助照明に大きく分けられます。

それぞれの特徴について確認しましょう。

主照明は部屋全体を照らす目的で取り付けられます。

全体照明と呼ばれる場合もあります。

天井に直接取り付けるシーリングライトや、天井に埋め込むタイプのダウンライトがこれにあたります。

また、ダイニングやキッチンで良く使用されるペンダントライトも、日本住居の代表的な主照明です。

一方で補助照明は、主照明を補う目的や一部分を限定的に照らす目的で使用され、部分照明とも呼ばれます。

全体的に照明が小さく、穏やかな光を発する場合が多いです。

補助照明は、ブラケットライトやフットライトのように壁面へ取り付けるタイプが多いのも特徴の一つです。

 

□部屋ごとの照明を紹介します!

この章では、部屋ごとにおすすめの照明について紹介します。

これから照明計画を立てるという方は、ぜひ参考にしてください。

 

*洗面所

洗面所の照明を考える際のポイントは、なるべく均等な具合に照らせるよう設計することです。

そうすることで影ができにくくなり、お化粧や身だしなみチェックをスムーズに行えるでしょう。

真上にダウンライトを設置して、左右からブラケットライトで照らすことによって、適度な光を確保できます。

 

*キッチン

キッチンの照明の配置で気をつけるポイントは、作業する手元が暗くならないように気をつけることです。

構造上どうしても暗くなってしまう場合は、スポットライトなどの補助照明を取り付けるなどして対応してください。

キッチンは明るさや美しさを重要視する方が多いため、主照明としてペンダントライトやダウンライトを設置するのがおすすめです。

しかしペンダントライトは、位置が低いと作業の邪魔になってしまうため、高さには注意が必要です。

 

*寝室

寝室はシーリングライトとダウンライトを組み合わせて、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

また就寝前に読書をする方は、ブラケットライトやフロアライトを設置するのもおすすめです。

外から入る光も計算しながら照明を配置すると、部屋の明るさをうまく調整できます。

 

□まとめ

今回は、照明の種類や部屋ごとにおすすめの照明について紹介しました。

注文住宅を検討している方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。