Staff blogスタッフブログ

注文住宅の窓選びでお困りの方へ!工務店が窓の種類や選ぶ際のポイントを解説します!

高松市に注文住宅を検討している方の中で、窓選びにお困りの方はいらっしゃいませんか。

窓といってもたくさんの種類があるため、部屋に応じてどの窓を選べば良いか分からないですよね。

そこで今回は、窓を選ぶポイントについて詳しく解説します。

 

□窓の種類とそれぞれの特徴を紹介します!

窓にはたくさんの種類があり、種類によって役割や機能が異なります。

この章では、日本の住宅でよく使用される3つの窓を紹介します。

まず1つ目は、縦すべり窓です。

縦すべり窓は、窓枠の上下に設けられたレールに沿って窓を開けるタイプです。

この窓は広い角度から空気を取り込めるため、部屋の風通しが良くなります。

また、すき間が少なく、気密性能の高い家との相性が良いこともこの窓のメリットです。

次に2つ目は、引き違い窓です。

引き違い窓は2枚のサッシをスライドさせて開閉するタイプの窓です。

風通しの良さやコストの低さが特徴として挙げられます。

しかし引き違い窓は外部から部屋の中が見えやすいため、周囲の視線が気になる方は曇りガラスを選ぶといった対策をとる必要があるでしょう。

最後に3つ目は、FIX窓です。

FIX窓の一番の特徴は、開閉ができない点です。

そのためFIX窓の主な役割は、デザイン面や採光です。

四角い形だけでなく、丸や台形のFIX窓も存在しているため、外観にこだわりたい方におすすめの窓です。

 

□部屋ごとの窓の設置は?

この章では、部屋ごとにおすすめの窓を紹介します。

どの窓を設置すれば良いか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

まずリビングですが、リビングは居心地の良い空間であることが重要です。

そのため、光をたくさん取り込めるように窓を設置しましょう。

掃き出し窓と呼ばれる大きめの窓を設置すると、十分に光を確保できる上、風通しも良くなるためおすすめです。

次にキッチンですが、こちらはニオイがこもりやすい場所であるため、換気しながら料理できる窓が良いでしょう。

キッチンは大きな窓を取り付けることが難しい場合も多いため、縦長もしくは横長のすべり出し窓がおすすめです。

最後は、寝室について確認していきます。

寝室は光の当たり方によって眠りの質に大きな影響を及ぼすため、窓の位置や大きさにこだわりましょう。

東向きに窓を設置してしまうと、早朝から差し込む光によって目が覚めてしまい、十分な睡眠が確保できない場合があります。

 

□まとめ

今回は、窓の種類とその特徴、窓を部屋に取り付ける際のポイントについて解説しました。

快適な生活を送るために、窓選びは慎重に行いましょう。

また、注文住宅に関して何か気になる点があれば、いつでも当社へご相談ください。