Staff blogスタッフブログ

高松市にお住まいの方へ!子育てしやすい注文住宅のポイントとは

高松市で注文住宅をお考えの方はいませんか。

子育て世代の方にとっては、できるだけ子育てがしやすい住まいを作りたいですよね。

特に、リビングや水回りなど過ごす時間が長い空間を工夫することで、子育てしやすい住まいになるでしょう。

この記事では、子育てしやすいリビング、水回りのポイントについて解説します。

□子育てしやすいリビングとは

子育てしやすい注文住宅のポイントの1つは、目の届く広々としたリビングです。

リビングは、1日の多くの時間を過ごす空間ですよね。

特に子供が小さいうちは、遊ぶのも勉強するのもリビングというご家庭は多いのではないでしょうか。

そのため、広々としたリビングにすると、子供をいつも見守れるので安心できますね。

例えば、リビングを見渡せるキッチンにすると、家事の手を休めることなく子供の様子を見守れます。

親子ともに安心感があり、家事の時短にもつながるでしょう。

対面キッチンのようなオープンキッチンにすると、料理をしながら子供に目を配りつつ、対話もできますよ。

カウンターを四方から囲めるオープンキッチンなら、夫婦で同時に作業でき、子供たちも自然とお手伝いをしたくなるかもしれません。

家族みんなで作業ができるスペースを確保したいですね。

 

□子育てしやすい水回りスペースとは

リビングやキッチンと同様、水回りスペースも子育てをする上では重要なポイントです。

バスルームや洗面所の間取りは、親子で使えるように余裕のある広さを確保することが重要です。

ここでは、バスルームと洗面所を親子で使える広さにするメリットを紹介しますね。

1つ目のメリットは、家族で入浴しやすいことです。

バスルームが広々としていると、親子でゆったり使えますよね。

浴室の場合は1坪以上、ユニットバスの場合は1坪タイプ以上の大きさが広さの目安となります。

子供が小さいうちは、親が子供の体を洗ってあげることが多いでしょう。

そのため、洗い場の広さも確保しておきましょう。

2つ目のメリットは、朝の身支度もストレスフリーになることです。

朝のお出かけ前は、どうしてもバタバタしてしまいますよね。

洗面所が2人並んで使えるくらい広々としていれば、朝にバタバタすることは少なくなるでしょう。

子供がまだ小さい時期には、歯磨きを教えたり着替えの練習をさせたりするのにも便利です。

 

□まとめ

今回は子育てしやすいリビングやバスルーム、洗面所のポイントについて解説しました。

リビングやバスルーム、洗面所は、子育ての時期には広々としたスペースを確保すると良いでしょう。

子育て世代の方は、注文住宅の間取りを考える際にはぜひこの記事を参考にしてくださいね。