Staff blogスタッフブログ

香川で注文住宅をお考えの方へ!お風呂で後悔しないためのポイントとは

注文住宅を建てる際、リビングやキッチンを先に考えるため、お風呂の優先順位は下がりがちです。

そしてあまり考えていないため失敗し、後悔する方が多いです。

しかし、事前に失敗例を知っておき対策すれば、失敗は防げるはずです。

今回は、香川で注文住宅を検討中の方へ、お風呂で後悔しないコツを解説します。

 

□お風呂で失敗しやすい点とは

お風呂で失敗しやすい点は2つ考えられます。

1つ目は、狭すぎることです。

お風呂は1日の疲れを取る場です。

浴槽が狭すぎると、ゆっくりくつろげませんよね。

ある程度の広さを確保することが大切です。

ただ、広ければ広いほど良いというわけでもありません。

浴槽全体があたたまりにくくなる、水道料金や電気代が高くなる、掃除に時間がかかるなどのデメリットが存在します。

浴槽の適切な広さは、それぞれの状況によって変わります。

小さい子供がいる家庭は一緒にお風呂に入るため、少し大きめの浴槽の方が適切でしょう。

また金銭面や掃除の時間も考えて決めることをおすすめします。

2つ目は、オプションの付けすぎです。

新居への憧れからオプションをいろいろ付けたくなるものです。

しかし本当に必要なものか、かえって手間はかからないか一度考えることが大切です。

子供がいるとミストサウナを使う時間がなかった、浴室のテレビは結局使わないなどの失敗例が挙げられています。

 

□お風呂で成功させるために

注文住宅のお風呂で成功させるポイントをいくつか紹介します。

お風呂の浴槽は、カビが生えにくく、掃除がしやすいものを選ぶ必要があります。

お風呂がカビだらけであれば、気持ちよく入浴できません。

カビが生えにくいものを選べば毎日の掃除も楽になります。

他には、将来のことについて考えることも大切です。

特に子育て世代では、老後はまだ先のことのように思われるものです。

しかし、家は一生の間に何度も買い換えるものではないため、先のことを考えておく必要があります。

例えば、手すりを設置しておけば、歳を取っても楽にお風呂に入れます。

見た目を重視する方は、いかにも手すりであるものではなく、身体を支える程度のものを選択すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でお風呂を設置したときの、失敗しやすい点と失敗しないための対策を解説しました。

失敗しやすい点は、浴槽が適切な広さではないこと、余計なオプションを付けすぎたことです。

将来の生活を想像するなどの対策をし、失敗しないお風呂選びを実現させてください。